二日酔いになる原因

ほどほどにしておこうと思ってお店に向かってもついつい盛り上がってしまったり、上司の進めを断れなくて飲みすぎてしまうというのはよくあります。
結果、次の日二日酔いで悩むことになります。
つらい二日酔いを治してくれるいい方法はあるでしょうか。

 

そもそも二日酔いになるのはなぜなのでしょうか。
アルコールは、血液に溶け込み全身を巡り、その後肝臓で、アセトアルデヒドになり、無害な酢酸になって最終的に尿として排泄されるというのが通常のサイクルです。
アセトアルデヒドは毒性の強い物質です。
これを無毒化してくれるはずのサイクルが狂い、血液の中に有害なものが残って、頭痛や吐き気を伴うのが二日酔いです。
治すためにはこのサイクルを正常に戻してあげなければいけません。
肝臓機能を回復するにはタウリンがいいと言われています。
タウリンの豊富な食べ物は、タコやイカ、ホタテやしじみなどの魚貝類が代表的です。
タウリン入のドリンクも利用しましょう。

水分をたくさん摂ろう

お酒を飲むと水分が大量に奪われます。
嘔吐した場合も水分が体外にでていきますから水分を補給しなければいけません。
スポーツドリンクや味噌汁で塩分や栄養素を一緒に補給したほうがより効果が見込めます。
予防にもなるトマトジュースですが、二日酔いの後にも効くと言われますから飲みましょう。
クエン酸の補給にもなる優れものです。
水分と塩分の補給にもなり、飲めばいいだけというのが二日酔いで苦しんでいる時には嬉しいところです。
梅干し入りの白湯を飲むという古典的なやり方もかなり効果が期待できます。
あとはゆっくり休みましょう。

二日酔いに効果的なのは【しじみ】

二日酔いにいい食べ物や飲み物はいろいろありますが、二日酔いの朝に飲んだり、食べたりするのはちょとつらいですね。
ゆっくり休みたくても会社に行かなければいけない人もいます。
特にお味噌汁など調理しなければいけないものは厳しいでしょう。
そこで、手軽に二日酔いの症状を軽減してくれるものがあればいいと思う人が多いはずです。
二日酔いの症状を軽減してくれる成分の入ったサプリメントもたくさん登場しています。
二日酔い対策で定番のものにしじみのお味噌汁がありますが、しじみの成分が入ったサプリメントもあります。
食欲がなくても小さな粒を何粒か飲み込むだけならなんとかなりそうです。

 

ほどほどにしておけばいいと分かっているのにやめられないのが人の性です。
気を付けていても、どうしても二日酔いになってしまったら、早めに治すことを考えましょう。